= Babble Riddle Go! =
カレンダーオススメ新着エントリー新着コメント新着トラックバックカテゴリー過去ログリンクプロフィール管理人ログイン
CALENDARメニューを閉じる
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
RECOMMENDメニューを閉じる
知的立体パズルゲーム キャストエニグマ
知的立体パズルゲーム キャストエニグマ (JUGEMレビュー »)

これ以上に難解で不可解な知恵の輪が、かつて存在しただろうか。

エニグマの奇怪な渦巻状の造形は解法の為だけに創られ、装飾としてのデザインが全く無い。全ての部位を駆使し、全ての動きを利用しなければ、絶対に解く事は出来ない。

『謎(エニグマ)』という名を持つ究極のパズルは、挑戦者を絶望と混乱の淵へ、どこまでも追い詰めていく。

貴方に、この“謎”が解けるか。
RECENT COMMENTSメニューを閉じる
RECENT TRACKBACKメニューを閉じる
ARCHIVESメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


手放せないα55
昨日、ちょいと面白いモノを手に入れまして♪

以前から気になっていたシリーズだったのですが、オレの欲しいタイプが無くてしばらく探すのを諦めていたんですが、久々にAmazonで検索してみたら売っていたんですよ。

購入したモノとはこちらです。
(・∀・)

……トイデジカメ?
……トイデジカメ?



なにやら可愛らしいケースに入って届いたモノは、トイデジカメ……のように見えますが、これ、USBメモリーなんです♪
(*´∀`*)

USBメモリーにも変り種は色々とありますが、こういったミニチュア風のモノはやっぱり面白いですね。

ちなみにコレは、ソニーの名機、α900のミニチュアモデルになっています。

オレンジのαロゴが嬉しい♪
オレンジのαロゴが嬉しい♪


こちらが本物のα900
こちらが本物のα900



実物と見比べてみると、軍艦部の堂々としたペンタプリズムの形状などがよく再現されているのが分かります。

よ〜く見ると、本体にちゃんとα900と書いてあったり、レンズには『4.5-5.6/70 300 G SSM』と、実際に販売されているソニーのGレンズの型番まで書いてあったり。超芸コマ

どうせなら正面に堂々と『SONY』のロゴも欲しかったところですが、流石にそこは無理だったようですw
(´∀`)



ちなみにUSBメモリーはレンズ側に付いていまして、本体から取り外して使います。

ボディとレンズが外れる仕組みは、なかなかよく考えたなぁという感じ♪

本物のカメラさながらに分解可能♪
本物のカメラさながらに分解可能♪



USBメモリーの容量は8GBで、お値段は1,500円くらい。大体この手の面白系USBメモリーはボッタクリ価格なんですが、意外と良心的なお値段です。

この他にも、キヤノンのEOSやオリンパスのPENのミニチュアUSBメモリーも売ってます。他のメーカーによるミニチュアカメラ風のモノもありますが、イマイチ作りが雑な印象。このメーカーのものが一番凝ってますね。

気に入った方はAmazonで『カメラ型USBメモリー』で検索してみて下さい♪(オリンパスのだけ、何故かカテゴリーが『ホーム&キッチン』なので、検索する時はご注意をw)









さて、それでは本題本題……と、気付いたら前座で画像容量を使い切ってしまったので、本題は『続きを読む』からご覧下さいw
↓↓↓↓↓
続きを読む >>
カメラバカ一台 | 07:32
comments(0) | trackbacks(0)
α58は買いか?
今日は、ず〜〜〜っと気になっていたあのカメラの詳細情報が飛び込んできたのでご紹介です!
ヽ(゚∀゚)ノ

ソニーα58と
NEX-3Nのスペックが
掲載
(デジカメinfo)

ついにα55の真の後継機来たか!?
ついにα55の真の後継機来たか!?



今オレが愛用しているα55は、動画撮影時の熱暴走と若干画質の荒いEVFさえなければほぼ文句無しの傑作機になっていたと思うのですが、そのα5xシリーズの最新モデルが今年中にも登場しそうです。

思えば超期待していたα57が、α65のずんぐりボディをそのまま流用したような重量級になってしまい、小型軽量のα・Aマウントのミドルエントリーモデルを期待していたオレはガッカリだったのです。

下にα57の画像を置いておきますが、上のα58のリーク画像と比べてもらうとその大きさがわかるかと。逆に言えば、α58は原点回帰の小型化が成されており、重量も軽くなっているのではないかと期待出来ます。

α57はボディがデカ過ぎた……
α57はボディがデカ過ぎた……



ボディサイズの微妙な違いが分かりますかね?ボディの左側が狭くなっている事や、レンズの大きさでボディサイズを比較してもらうと分かり易いかもしれません。

リークによって判明したα58の仕様は以下の通りです。


■2000万画素Exmor APS-Cセンサー
■視野率100%の有機EVビューファインダー
■BIONZプロセッサ
■クリアイメージズーム機能
■スイープパノラマ機能
■ISO範囲は100-16000
■連写は8コマ/秒
■価格は600ドル前後




注目すべきは撮像素子と連写速度、あと価格あたりでしょうか。

ミドルエントリーモデルでも、ついに2000万画素へ。更に画素数が上がっているのに連写速度は秒間8コマ。そして何より600ドル(≒55,000円)前後という非常にリーズナブルな価格!

ほぼ同性能を誇るNEX-7などでは定価で12万円、今の実勢価格でも8万円前後である事を考えると、やはりα58の価格的なアドバンテージは非常に大きいように思います。

恐らく日本では定価59,800円くらいで販売になるでしょうし、少し待てばボディだけで3万円台とかになる可能性も。このくらい安ければとても買い易いですよね。



噂では3月から4月頃にα38と共に発表されるのではないかとも言われていますし、スペックも当然ながら、ボディサイズなどが気に入ったらα55から買い替えになる可能性も十分にあります。

是非ともオレが願っているようなコンパクトなAマウント機種であってもらいたいです。

JUGEMテーマ:カメラ
カメラバカ一台 | 19:49
comments(3) | trackbacks(0)
更新再開
昨年末あたりからの体調の回復が思ったよりも順調でして、1月は結構仕事を詰め込んで疲れも溜まったとは言えそこそこ快調に動けています。

正直本調子まではまだ70%といったところですが、そろそろこの数年間で遣り残して来た事を整理しつつ前に進もうと思い、写真ブログ『Photo Mirage』の方も更新を再開しました。

Photo Mirage

写真と4行詩の徒然ブログ
写真と4行詩の徒然ブログ



実に2年数ヶ月ぶりの更新です。長かったですね。一時は閉鎖しようかとも思ってました。

今回の更新再開に併せて、スマホ用デザインの設定やファビコンなども追加しました。⇒ファビコンは【バリ5!】にも追加。※どちらもIEでは表示出来ません。

またiOS端末でPC表示してからホーム画面に設定すると、ちゃんとアイコンが設定されるようにしました。



【バリ5!】も『Photo Mirage』も、まだまだ進化させていく予定。常にどんな端末でも読みやすく、面白いサイトにしていきたいと思います♪

JUGEMテーマ:カメラ
カメラバカ一台 | 15:11
comments(0) | trackbacks(0)
柔らかな光を写すレンズ
昨日のエントリーでタムロンのレンズ『18-270mm F/3.5-6.3 Di II PZD』を衝動買いしたというお話を書きましたが、早速家に届いていたので今朝は早起きして色々と試し撮りしてみました。

そんな訳で、今日のエントリーは試写レビューでございます♪
(´∀`)



まずはレンズの装着と仕様から。

ソニーのαシリーズはボディ内に手ブレ補正機構が付いているので、ニコンやキヤノン用のレンズのようにレンズ側には手ブレ補正機構は付いていません。おかげでレンズのデザインもスッキリとしています。

普段から高倍率レンズを使い続けているので、新しいレンズを取り付けてみてもあまり大きくなった印象は無し

実際、実寸でも長さが2mm長くなっただけで胴の直径は74.4mmと0.6mm小さいのみ。レンズ径も62mmと同じなので、レンズプロテクターとレンズカバーはα純正品をそのまま流用しました。

違いを感じる点があるとしたら、以前のレンズよりもレンズマウント部近くまで胴の太さが変わらないため、若干迫力がありますね。非常に良い貫禄です。

レンズが主役!という雰囲気が◎
レンズが主役!という雰囲気が◎



嬉しかったのは、レンズの塗装が梨地の焼付け塗装風だった事。

以前のレンズはいかにもプラスチック製という感じの普通の黒塗装だったのですが、タムロンのレンズはザラっとした質感の梨地の黒で、ボディと同じ雰囲気です。

おかげでボディとの一体感が高く重厚さもあり、サードパーティ製のレンズにありがちな『取って付けた感』が殆どありません。

レンズフードまできっちりと梨地塗装がされているのも素晴らしいです。存在感のあるデジイチともなると、やっぱり見た目にも拘りたいですよね。







それではようやく作例など。まずはいつもの我が家の定点撮影から。

非常に無難な画作り。破綻は少ない
非常に無難な画作り。破綻は少ない



毎度の事ながら、天気の良い日になると逆光が激しくカメラにとっては非常に厳しい撮影条件になる場所なのですが、このレンズは逆光に対して良い意味で表現が甘くなるというか、引きつったような陰影表現にならないですね。

ただ、以前のレンズもそうでしたが絞りを開放にして撮影するとエッジが緩くなるのが高倍率レンズの弱点。とても眠い画作りになってしまうので、キリっとした画作りをするには、ワイド端でF5〜5.6、テレ端でF8〜F9くらいまで絞った方が良さそうです。

ひとまず逆光に強いレンズ特性だと思ったので、こんな写真なども。

エッジはシャープに、光は柔らかく
エッジはシャープに、光は柔らかく



焦点距離を270mmまで目いっぱい伸ばせば、最大で0.26倍のマクロレンズ的な写真が撮れます。以前のレンズは0.29倍だったので、望遠は利くけど僅かに寄れなくなった感じでしょうか。

上の作例はF9、露出+0.7での撮影です。逆光に輝く赤い実や葉は鮮明に写しつつ、全体的に柔らかい印象です。籠の繊維にあたる陰影がとても綺麗です。

次は屋外で乾かしていたトルマリンの原石の写真です。

ガラス質の光沢が美しい
ガラス質の光沢が美しい



こちらも270mmでの撮影。陰影表現が柔らかいために、こういった石などの表現はどうしても甘く見えます

また周辺部で像が流れてしまうのも高倍率ズームレンズの限界。このあたりは単焦点レンズには絶対に勝てません。表現力で勝負するレンズではないですね。飽くまでも利便性が全てのレンズです。

この他の作例は以下の『続きを読む』からどうぞ♪
↓↓↓↓↓
続きを読む >>
カメラバカ一台 | 13:01
comments(0) | trackbacks(0)
器用貧乏が勝る職業
一昨日取材で行って来た『CP+2013』の記事がようやく掲載されたので、ちょこっと宣伝♪
(・∀・)

「CP+2013」
取材レポート。
気になる端末・
ガジェットは?
【最新機種編】
(ガジェット速報)

たまにはおねーさん写真でもw
たまにはおねーさん写真でもw



CP+を観に行ったのは久々だったんですが、いざ取材として行ってみると見るところが意外と少なくて記事書くのに苦労しました。

オレの好みもあって、デジイチよりもコンデジばかりに目が行ってしまったのもありますが。

個人的にはソニーがレンズ以外何も新作を出していなかったのが残念でした。αの新作とまではいかなくても、サイバーショットの新作くらいは欲しかったかも。



オレがα55を買ってから既に2年以上が経ちますが、ぶっちゃけα55の代わりになるような機種が無いんですよね。

NEX-7を見る度にイイなぁとは思うんですが、レンズマウントが違うのと高倍率レンズが大き過ぎて本体からハミ出すのがデザイン的に美しくないなぁと思ったり。

とまあ、そんな事を考えつつ見てきた展示会なので、記事の方はサラッと読んで頂ければ有難く思います。







っで!



肝心な本題はここから。

ソニー以外にもキヤノンとかニコンとかペンタックスとか、主なカメラメーカーの取材を終えて、フっと目に留まったのがタムロンのブース

あーそういやタムロンのレンズで1本欲しいのがあったんだよなーなんて思いつつ、フラフラ〜っとブースに立ち寄ってみたのですが……これが運の尽きでしたw



丁度オレが足を止めた展示コーナーには、α55に取り付けられた18-270mm(35mm換算で27mm〜405mm相当)の高倍率ズームレンズが。ああ、まさにオレが欲しかったレンズ……。

『あ、どうぞ試し撮りしてみて下さい!ソニー用ですよ!』

振り向けば説明員のオジサンがニコニコ顔でオレの顔と首に提げた18-250mmレンズ付きのα55を交互に見つめている。

……ク、これは商売人の目!
(;´ Д`)←嫌な予感



しかしレンズの魅力に結局勝てず、展示のα55を手にしてファインダーを覗き込みつつ広角にしたり望遠にしたりしながら写真を撮ってみると……速い!?なんだこのAF速度は!オレのSAL18250がゴミのようではないか!
(;゚Д゚)ズガーン

しかもこのレンズ、AF駆動方式にピエゾ素子を使っているので、AF動作音が超静か!うおおおお百聞は一見にしかずとはまさにこの事!これは欲しいぞ!
(*´Д`*)'`ァ'`ァ

と、まんまと説明員のオジサンの策略にハマってしまった訳です。ホント意志弱いねオレw
(´∀`)



そんなオレのハートをガッチリ掴んだレンズがこちらです。↓

18-270mm F3.5-6.3
Di II VC PZD
(タムロン)

高倍率レンズ大好き!
高倍率レンズ大好き!



元々このレンズが発売されたのは2年以上も前。丁度α55が発売された時期と重なります。

当時から『いいなー欲しいなー』と思いつつも、なかなか実機でその性能を試す事が出来ず、また敢えて18-250mmのレンズから乗り換えるほどのものなのだろうかとかなり悩んでいたのです。←安い買い物じゃないしね。

倍率で言えば、今使っている18-250mmが13.9倍。タムロンの18-270mmが15倍相当になります。わずかな倍率の差なので、そこだけを見てしまうと大差ないなーという印象になってしまうんですが、これが実機を触ったら大違いだったのですよ。



とにかく驚いたのはAF速度が速くて静かな事。オレのソニー純正のレンズは駆動音がやたらと大きく、しかもAF速度が遅いのです。

ピントも迷いまくるし、α300時代から使い続けてきたためにレンズの外玉にはホコリも入ってしまっているし。←外玉なので、画質には殆ど影響はないんですけどね。

正直使っていてストレスを感じるようになっていたので、このタムロンのレンズの性能には目からウロコでした。こんな事ならもっと早く買い換えておけば良かった!

レンズはとてもコンパクト。凄い!
レンズはとてもコンパクト。凄い!



この18-270mmのレンズのサイズはとても小さく、現在使っている18-250mmとほぼ同じ大きさ。胴の長さがわずかに2mmほど長いだけです。直径も変わらないため、今使っているレンズカバーやカメラケースもそのまま使えます。

一見すると15倍ズームレンズには全く見えないほどスタイリッシュなレンズなのですが、オレがこういった高倍率ズームレンズに拘るのにもちゃんと理由がありまして。



そもそも、高倍率ズームレンズは『器用貧乏』と言われるくらい、画質面では色々と専用レンズに劣ります。

でも、その『劣る度合い』というのは、飽くまでも写真を作品として残そうとした場合に極限の議論を行うレベルでの話。一般的な写真を撮る分には十分過ぎるほど美しい写真が撮れるのです。

オレがレンズに求める最大の要求ポイントは『どんな場面でも迷う事無く一発で撮れる』ということ。



展示会や端末発表会などの取材仕事では、レンズ交換をしている暇なんてありません。近接や広角での撮影から超望遠でのスナイパーショットまで、1本のレンズで済ませる必要があるのです。

更に言えば、展示会のガジェット撮影などに芸術作品レベルの画質など誰も求めていません。重要なのは『撮れる』という事一点に尽きます。

どんなに美しく写真が撮れたとしても、被写体に近づけなかったり瞬間的に最適な画角で写真に収められないのでは仕事にならんのです。手元のガジェットの撮影から遠くの壇上に立つ社長の姿まで、1本のレンズで撮る必要があるんですよ。

だからオレは高倍率ズームレンズにひたすら拘る訳でして。



実際にタムロンのレンズを使ってみてその良さを実感してしまったら、もう物欲は止まりませんw 早速自宅に戻ると記事を書くのも適当にネットでレンズの相場をチェック。

すると、どうやら定価8万円のレンズが今は5万円ほどで買えるじゃないですか。

でもって更にAmazonで調べたら、価格.comの最安値よりも安いじゃないですか。



……買うしか

ないじゃ

ないですかw

(*´∀`*)




そんな訳で、昨日ついに2年間悩んだレンズをポチってしまいました。5万円だけどイイのだよ!買ったレンズで仕事をしてまた稼げば帳消しだ!必要経費!必要経費!
(`・ω・´)←言い訳

レンズは今日中に届く予定。これで仕事が捗るとイイですな♪出来たら近日中に撮影テストなどもしてみたいと思います。

JUGEMテーマ:カメラ

カメラバカ一台 | 16:58
comments(4) | trackbacks(0)

【バリ5!】内をGoogleで検索!



- - - - - - - - - - - - - - - - -

paperboy&co.
ブログのレンタルサービス JUGEM
qrcode